読んで下さっている皆様、こんな時間帯ですがこんにちは。
今回は、仲間モンスターについての記事を書きます。




仲間モンスター&ドラキー
第四回目は、ドラキーです。生息地は下記の通りです。
(【】は、Ver.で行ける場所です。)

①ランガーオ山地【1st】
②コルット地方【1st】
③ツスクル平野【1st】
④ラニアッカ断層帯【1st】
⑤アクロニア鉱山【1st】
⑥プクレット地方【1st】
⑦サザミレ草原【2nd】


また、この仲間モンスターのスキルは下記の通りです。
(なお、【Ⅱ】は転生10回目にて習得出来ます。)

①マホドラキー【Ⅱ】
・・・攻撃&補助型・初期から使用可能・変更不可
②ドルマの心得【Ⅱ】・・・攻撃型・初期から使用可能・変更不可
③両手杖スキル・・・補助型・初期から使用可能・変更不可
④ドルマの極意・・・攻撃型・転生8回目にて使用可能・変更可能
⑤両手杖の極意・・・補助型・転生7回目から使用可能・変更不可



ドラキーの長所は、下記の通りあります。
①素早さが高い。また、攻撃魔力・回復魔力がやや高い。
②「まりょくのうた」が覚えられる為、自身の攻撃魔力が上げやすい。
③両手杖が装備出来る為、攻撃呪文に特化しやすい。


ドラキーの短所は、下記の通りあります。
①HP・MPが低い。その為、持久戦には不向きで倒れやすい。
②初期では単体呪文しか覚えられない為、火力不足になりやすい。
③両手杖自体攻撃手段が乏しいので、武器による攻撃が不向き。


この仲間モンスターは、自分も含め周りの仲間に
魔力かくせいと早読みの杖が出来る優れた技を習得する事が出来ます。

このモンスターは、見た目通り素早さが高いです。
しかも、前述にも記載した通り「まりょくのうた」という技が
初期スキルの中にあり、早い段階で使用出来ます。

その反面、単体呪文しかないだけでなく、HPもMPも低いので
持久戦には弱く、しかも打たれ弱いのが難点です。

ですので、このモンスターは賢者のような攻撃&蘇生役がピッタリでしょう。
私なりですが、オススメのスキル配分は下記の通りです。
(一応、転生回数10回目+なつき度300のときのスキル分配です。)

①マホドラキー【Ⅱ】・・・48
②ドルマの心得【Ⅱ】・・・32
③両手杖スキル・・・2
④いやし・・・40
⑤HPアップ・・・32


このようにすると、賢者のような攻撃&蘇生役になれます。
(まあ、「ベホマラー」みたいな回復呪文は覚えませんがw)


なお、スキルの詳細は下記の記事にて記載しています。
初心者の為のDQX ~仲間モンスターのスキルの考察・No.16~(マホドラキー)
初心者の為のDQX ~仲間モンスターのスキルの考察・No.17~(ドルマの心得)
初心者の為のDQX ~仲間モンスターのスキルの考察・No.18~(両手杖スキル)
初心者の為のDQX ~仲間モンスターのスキルの考察・No.19~(両手杖の極意)
初心者の為のDQX ~仲間モンスターのスキルの考察・No.20~(ドルマの極意)

・・・まあ、こな感じですw
もし、分からない事がありましたら質問して下さいな^^


一旦は、ここまで。
この後は、商品売れ行き状況についての記事を書きます。
ではでは^^



↓気になる事がございましたら、質問してくださいな^^応援宜しくお願いします。


ドラゴンクエストX ブログランキングへ


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。