読んで下さっている皆様、こんな時間帯ですがこんばんは。
今回は
各職人別の私なりのオススメの楽しみ方を書きます。
ただし、このような仕方で必ずしも☆3が出来るとは限りません。
その事を踏まえた上で、見て下さい^^

十六回目は、木工職人の釣り竿の楽しい作り方について書きます。
また、今回の写真のモデルは「闇の釣りざお」です。

釣り竿01
釣り竿の作成時の画面です。いきなりですが私流のやり方をします。
材木の向きに応じて、「昇竜彫り」か「大昇竜彫り」を使用して削りましょう。
また、あえて横にして「大河彫り」や「超大河彫り」を使用するのもアリです。
釣り竿02
写真のように縦2マスの向きが横の場合は、あえて「昇竜彫り」を使用しましょう。
縦のままだと削りすぎますが、このようにすることで綺麗に削ることが出来ます。
細かい調整は「カンナがけ」を使用し、余裕があれば「ねらい彫り」も使用しましょう。
釣り竿03
そんなこんなで出来ましたw
釣り竿04
結果です。☆2が出来ましたw
 

もし「木材回復」の効果を持つ釣り竿なら、向きを変えずに「大昇竜彫り」をしましょう。
ラインを少々超えた場合は、超えたゲージを削らずに他のラインを削りましょう。
それでも、ラインを超えていた場合は「表面固め」をしてラインを回復させましょう。
※効果の詳細はを見て下さい。


余談ですが、今回も珍しく必殺が出ました。
残念ながら、☆1が出来ましたw(グスン;;)

・・・さて、一旦ここまで。
何か分からない事がございましたら、コメントをください^^
この後は、必殺の正しい(?)使い方についての記事を書きます。
ではでは^^



↓釣り竿の場合は両手杖と同様に、「大昇竜彫り」や「超大河彫り」を多用しましょう。

 応援宜しくお願いします。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ