見て下さってる皆様、こんな時間帯ですがおはようございます。

今回は、初心者の為のDQXについての記事を書きます。
なお、この記事は私の勝手な考えで記事を書かせていただきます。
ですので、これを見て不快に思う方(特に、廃人の方々)は今すぐリターンしてくださいw



ドラゴンクエストXランキング


ドラチー&レンジャー&ブーメラン
第9回目は、レンジャーについてです。
レンジャーは、このゲームでは対ブレスに強い職業です。
(なお、僧侶もブレス系に強いですが、ダメージを無効にすることが出来ません。
)

Ver.3.5現在、レンジャーを育てる際は、メイン武器をブーメランにしましょう。
この武器が攻撃、守備共にバランスに富んでいます。
この武器を中心に、下記の戦い方があります。

①ブーメラン&オノ → 近距離型
 この戦い方は、ブーメランで攻撃しつつ、状況に合わせてオノを持って戦います。
 攻撃では、「真・オノむそう」や「デュアルブレイカー」などを使って全体を攻撃したり、
 「レボルスライサー」や「蒼天魔斬」などで単体攻撃を行う事も可能です。

 特に、オノは180のスキルで覚える「武神の護法」を使用すると
 敵の与えるダメージ量を一時的ではありますが下げる事が出来ます。
 このおかげで、攻撃や守備の両方の戦い方が出来ます。

 また、オノは180のスキルで覚える「降魔紅蓮斬」を使用すると、MPが回復します。
 その為、MP切れを起こさずに戦うことが出来ます。

 ただ、難点なのは近距離で戦闘を行うので、ダメージが受けやすいです。
 また、オノは武器ガードが出来ないにも関わらず、火力が低いです。
 その為、敵の攻撃を受けやすくなり、倒されやすくなります。
 

②ブーメラン&弓  → 遠距離型
 この戦い方は、ブーメランで攻撃しつつ、状況に合わせて弓を持って戦います。
 攻撃では、「デュアルブレイカー」や「ロストブレイク」などを使って敵を攻撃したり、
 「レボルスライサー」や「ダークネスショット」などで単体攻撃を行う事も可能です。

 特に、弓の「弓聖の守り星」を使用すると、一時的に状態異常系に強くなります。
 その為、一時的ではありますが敵の状態異常に左右されずに戦う事が出来ます。

 ただ、難点なのはこの構成だと火力がやや低くなります。
 その為、敵を倒すのにやや時間が掛かってしまいます。
 (その代わり、遠距離から攻撃出来るので範囲攻撃に巻き込まれにくいです。)


③ブーメラン&格闘  → その他

 この戦い方は、ブーメランで攻撃しつつ、状況に合わせて格闘になり攻撃します。
 攻撃では、
「デュアルブレイカー」や「岩石落とし」などを使って全体を攻撃したり、
 「レボルスライサー」や「せいけん爆撃」などで単体攻撃を行う事も可能です。

 また、格闘は120のスキルで覚える「達人の呼吸」を使用すると、HPが回復します。
 その為、仲間に頼らずともHP回復が出来ます。

 ただ、難点なのは弓よりも火力が低いです。
 特に、格闘は序盤は強いですが、Lv.90台になると使い勝手が悪くなります。
 その為、いざという時にとどめが差しにくいです。


上記に加え攻撃の際は、武器に関係なく「フェンリルアタック」を使いましょう。
「フェンリルアタック」は、敵の守備力に関係なく連続4回攻撃出来ます。
また、状況に応じて「オオカミアタック」などを使用しましょう。
なお、「まもりのきり」はブレス系を防ぐ際に使用しましょう。
この技は、ブレス系の技を1回だけ無効にすることが出来ます。
ただし、ブレス系だけしか防げず、しかも消える度に毎回使わなくてはいけません。
その為、ブレス系以外の攻撃や状態異常を受けてしまいます。
ですので、この技を使用する際は、ブレス系の技を頻繁に使う敵との戦いで使いましょう。
(なお、状態異常系の技は弓スキルの「弓聖の守り星」で防ぐ事が出来ます。)

・・・さて、こんなもんですかなw
あ、サポート仲間を雇う際は、旅芸人・魔法戦士・道具使いを雇いましょう。
どの職業も「バイシオン」などを使って攻撃力を上げる事が出来ます。

特に、旅芸人と組むと回復も出来るので、全体的に安定します。
また、魔法戦士や道具使いと組むと特技や必殺で火力が増すので、敵を早めに倒せます。
ただ、どの職業もやや火力不足なので、それらを補うようにパーティを作成しましょう。
(あ、他の人とパーティを組む際は「占い師」を入れましょう。結構強いです。)


一旦は、ここまで。
午後からは、商品売れ行き状況についての記事を書きます。
ではでは^^

※下記の記事も参考に使って下さいな^^




↓今回の写真のモデルは、ドラチー(詳細)ですw応援宜しくお願いします。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ10へ
にほんブログ村