読んで下さっている皆様、遅くなりましたがこんばんは。
先ほどの記事()にも書いたとおり、
職人の応用についての記事を書きます。
第三回目では防具鍛冶の基本を紹介しましたので、
その職人のちょっとした応用について書きます。


防具鍛冶では、下記のような技を覚えます。
①上下打ち・・・上と下の2マス分を通常よりやや強い力で叩く。
②てかげん打ち・・・1マス分を通常よりも半分の力で叩く。
③2倍打ち・・・1マス分を通常よりも2倍の力で叩く。
④火力上げ・・・温度を300度上げる。
 温度が高ければ高いほど、ゲージの数値が増加する。
⑤4連打ち・・・上下左右の4マス分を通常よりもやや強い力で叩く。
⑥みだれ打ち・・・通常よりもやや弱い力でランダムに4回叩く。
⑦3倍打ち・・・1マス分を通常よりも3倍の力で叩く。
⑧ねらい打ち・・・通常よりも会心が出やすい力で叩く。
⑨超4連打ち・・・「4連打ち」の2倍の力で叩く。
⑩冷やし込み・・・温度を300度下げる。
 温度が低ければ低いほど、ゲージの数値が減少する。
⑪ななめ打ち・・・右上と左下の2マス分を通常よりやや強い力で叩く。
⑫熱風おろし・・・1マスを通常よりも2・5倍の力で叩く。
 打った後に温度が150度下がる。


また、装備レベルが高くなると下記の効果が発生します。

防具鍛冶&威力変化01
防具鍛冶&威力変化02
一つ目は、威力変化です。この効果は、
温度が400の倍数の時、上の写真のようにどの打ち方も2倍の威力になります。
温度が200の倍数の時、下の写真のようにどの打ち方も半分の威力になります。

防具鍛冶&メーター減少
二つ目は、ゲージ減少です。この効果は、
温度が200の倍数の時、各ゲージの中で一番伸びている一つのゲージを減らします。
ただし、緑のゲージに収まっているゲージには影響はありません。(成功しているので。)
なお、叩きすぎて緑のゲージを超えているゲージは影響します。



防具鍛冶&消費変化01
防具鍛冶&消費変化02
三つ目は、集中力変化です。この効果は、
温度が400の倍数の時、上の写真のようにどの打ち方も半分の集中力で打ちます。
温度が200の倍数の時、下の写真のようにどの打ち方も1.5倍の集中力で打ちます。
1.5倍の状態の時、どの打ち方にも関係なく会心率が上昇します。


これらの効果の見分け方としては、開幕時に「火力上げ」を2回行います。
そして、打ち方の威力が2倍になった場合は、「威力変化」になります。
また、消費する集中力が半分になった場合は、「集中力変化」になります。
上記二つの効果が発生しない場合は、「ゲージ減少」になります。
ただし、これらは低レベル装備(Lv.21まで)には発生しません。


・・応用は、大体こんな感じですw
一旦、ここまで。ある程度時間が経ちましたら、
今度は魚図鑑についての記事を書きます。
ではでは^^




↓防具鍛冶ギルドは、ドルワーム王国にあります。応援宜しくお願いします。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ